放射性物質を未登録で保有 愛媛大医学部


愛媛大医学部は5日、国際規制されている放射性物質「酢酸ウラニル」が、未登録の状態で8月下旬、医学部附属病院(東温市)の薬品庫で見つかったと発表した。放射線による人体への影響はなかったとしている。

関連記事

ページ上部へ戻る